2020/12/25イベント

国土交通省 3D都市空間情報プラットフォーム『Project “PLATEAU”』を先行公開

 国土交通省では、『Project “PLATEAU(プラトー)”』として、全国約50都市の3D都市モデルの整備と、これを活用した都市計画・まちづくり、防災、都市サービス創出等の実現を目指す「まちづくりのDX」の取り組みを推進しています。
 この度、ティザー版ウェブサイトが公開され、東京23区全域を網羅した3D都市モデルなどが先行公開されました。このウェブサイトでは、プロジェクトの進捗プロセスを継続的に発信していくと同時に、3D都市モデルをはじめとする各種データをオープンデータ化し、誰もが活用できるようになります。
 今後、ティザーサイトやSNSを通じて、日本全国の3D都市モデルやそのユースケースを順次公開することで、3D都市モデルの活用による全体最適・市民参加型・機動的なまちづくりの実現を目指すということです。

Project “PLATEAU”(プラトー)ウェブサイト

ページトップ